型枠ブロック 「HRM擁壁」・「RM型枠」の特徴

Print Friendly

弊社でもRCBブロックという型枠ブロックを製造しておりますが、
従来の型枠ブロックから施工性が大幅によくなったHRM擁壁の取り扱いも今年になってはじめました。
作業効率UPにもつながりますので、擁壁・型枠ブロックをご入用の際はぜひご検討ください。

RM型枠

JIS A5406
建築用コンクリートブロック

特徴

<RM造の特徴>

  • RM造(鉄筋コンクリート組積造)は、鉄筋コンクリート造とCB造のハイブリッド構造です。
  • 国土交通省告示 平成15年第463号に基づく、プリズム強度(ブロックと充填コンクリートの複合強度)と複合かぶり厚さ(ブロックのフェイスシェルを含めたかぶり厚さ)を用いて設計・管理します。

 

HRM擁壁

国土交通省大臣認定擁壁
大地震対応型

特徴

<施工が簡単>

  • 組積は縦目地不要の打ち込み目地工法
  • 縦筋(主筋)ポストセット後施工落し筋
  • 擁壁の裏面の透水層には、透水マット使用

<高い安全性>

  • 大地震対応型
  • 底版と前壁の接合部には、あんしん鉄筋を使用

<フレキシブルなデザイン>

  • 頂部にブロック塀やフェンスを設置できます
  • 地質地形様々な敷地条件に合わせた築造が可能

施工性比較

在来型枠CB擁壁ではできなかった事が可能となり、ブロック積の作業負担も軽減されます。

底版の施工性

 

組積の施工性

 

 配筋の施工性

 

ハンチの施工性

 

透水層の施工性

 

 


性能比較

最大高さも3.0mまで、また重視されている大地震への対応しています。
擁壁上のブロック増設もできるようになり、フェンスも設置できます。

最大高さ

 

大地震対応

 

フェンス取付け

 

 

スリム化

 

メーカーカタログ

コチラでカタログ(PDF)もご覧いただけます。